アントシアニン、蟻、イエロードッグの効用...

アントシアニンとは?

アントシアニンというのは、
紫色の色素成分で、ポリフェノールの一種です。

 

アントシアニンは、抗酸化力が強く、次のような効用で知られています。

 

■血液をサラサラにして冷えを改善する作用
■体脂肪の燃焼を促進する効果
■視機能改善効果...など

アントシアニンが含まれている食品は?

アントシアニンは、
ブルーベリーやムラサキ芋、黒豆の皮などに含まれています。

蟻とは?

蟻(あり)というのは、
中国では古くから食用にされていたとされます。

 

蟻は、自分の体よりもはるかに重いものを運ぶので、
滋養強壮作用があるとみられています。

 

なお、蟻については、
関節痛を緩和する効果などの検証が進んでいます。

 

スポンサーリンク

イエロードッグとは?

イエロードッグというのは、
タデ科の多年草で、ヨーロッパが原産です。

 

また、イエロードッグは、
日本にも明治時代から広がり始め、帰化植物となっています。

 

ちなみに、イエロードッグの和名は、ナガバギシギシといいます。

イエロードッグの効用は?

イエロードッグは、
根の粉末を薬用に使用します。

 

イエロードッグは、
肝機能の改善や血液の浄化に強い効果があるだけでなく、
消化不良、便秘、皮膚病、関節炎などにも効くとされています。

 

スポンサーリンク