ヒューパジンA、フラックスシード、ビルベリー、ファイブミニ...

ヒューパジンAとはどのような成分ですか?

ヒューパジンAというのは、
日本や中国などに自生している

 

シダ科植物のヒューパジア※に含まれている成分をいいます。

 

※和名を「ホソバトウゲシバ」といいます。

ヒューパジンAの効用は?

ヒューパジンAは、脳で働く神経伝達物質、
アセチルコリンの分解を妨げる作用があります。

 

また、小規模・短期間の試験で、
アルツハイマー病の症状が改善する効果が報告されており、
サプリメントとして入手することができます。

フラックスシードとは?

フラックスシードというのは、
中央アジア原産の一年草である亜麻仁(あまに)の種子です。

 

このフラックスシードは、
αリノレン酸などオメガ3の脂肪酸を豊富に含んでいるほか、

 

前立腺肥大症(BPH)の症状を改善する
リグナンも豊富に含んでいます。

 

スポンサーリンク

ビルベリーとはどのようなものですか?

ビルベリーというのは、
ツツジ科のブルーベリー類のうち、

 

ホワートルベリーとも呼ばれる野生種で、
北欧やアジアの一部に分布します。

ビルベリーの効用は?

ビルベリーは、
ほかの品種に比べて青紫の色素である
アントシアニンを豊富に含んでいるのが特徴で、

 

眼精疲労の解消や視力回復といった、
目の機能を高める働きがあります。

 

また、抗酸化作用や
毛細血管を保護する作用も知られています。

 

ちなみに、ビルベリーのサプリメントのほか、
ビルベリーエキス入りのガムやキャンディーなどもあります。

ファイブミニとはどのようなものですか?

ファイブミニというのは、
厚生労働大臣が食品の保健機能表示を許可する
トクホ(特定保健用食品)の商品名で、

 

具体的には、大塚製薬が商品化している
炭酸飲料のことです。

 

ファイブミニの目安量は、1日1本とされていますが、
1本(100ml)の中には、ポリデキストロース7gが配合されています。

 

なお、ファイブミニは、
次のような内容の表示許可を取得しています。

 

⇒ 「食生活で不足しがちな食物繊維を手軽にとり、
   おなかの調子を整える食物繊維飲料」

 

スポンサーリンク