エゴマ、エストロゲン、エラグ酸...

エゴマとは?@

エゴマというのは、
シソ科の一年草で、香辛野菜のシソの変種です。

 

エゴマの種子から油を取りますが、
この油は半分以上がαリノレン酸です。

エゴマとは?A

また、エゴマは、体内では、
血液をサラサラにするエイコサペンタエン酸(EPA)や

 

脳神経の発育と維持に必要な
ドコサヘキサエン酸(DHA)に変わる必須脂肪酸です。

エゴマの効用は?

なお、エゴマは、
エネルギーになりやすく、

 

ダイエットや生活習慣病の予防に役立つとともに、
抗アレルギー作用もあり人気があります。

エストロゲンとは?

エストロゲンというのは、
月経や妊娠、女性らしい体作りや骨の新陳代謝など、
特に女性の健康を守るうえで不可欠なホルモンのことです。

 

エストロゲンは、
卵巣や胎盤など女性特有の臓器で多く作られますが、

 

男女ともにある副腎などの臓器でも作られますので、
男性の体内でも働いているといえます。

 

スポンサーリンク

女性のエストロゲンは?

女性の場合、エストロゲンは、
月経周期に合わせて血液中の量が変動していて、
月経後から排卵前に量が増えます。

 

ちなみに、閉経するとエストロゲンはあまり作られなくなり、
ホルモンのバランスの乱れから、
のぼせやイライラ感などの更年期障害の諸症状が現れます。

エストロゲンとイソフラボン

エストロゲンと似た形をしていて、
エストロゲンと同様の働きをする物質がいくつか見つかっているのですが、
大豆などに含まれるイソフラボンはその代表的なものです。

エラグ酸とはどのようなものですか?

エラグ酸というのは、
イチゴやザクロ、ナッツ類などに含まれているポリフェノールの一種です。

 

エラグ酸は、抗酸化作用に加え、
メラニンを作り出す酵素チロシナーゼの働きを抑える作用もあり、
日本では化粧品の美白成分として認可されています。

 

ちなみに、エラグ酸は、海外では、
ガンや心臓病の予防に役立つ可能性があるとして注目されており、
サプリメントも製品化されています。

 

スポンサーリンク