プロテオグリカン、フィットライフコーヒー、フェンネル、フィロキノン...

プロテオグリカンとは?

プロテオグリカンというのは、
ムコ多糖とたんぱく質が結合した状態の物質の総称で、

 

具体的には、コラーゲンなどとともに
結合組織の細胞外マトリックスの中の主要な成分をいいます。

 

なお、コンドロイチン硫酸、ヘパラン硫酸などは、
プロテオグリカンの仲間です。

フィットライフコーヒーとはどのようなものですか?

フィットライフコーヒーというのは、正式名称は
「血糖の気になりはじめた人のフィットライフコーヒー」
といいますが、

 

これは、厚生労働大臣が食品の保健機能表示を許可する
トクホ(特定保健用食品)の商品名で、

 

具体的には、
ミル総本社が商品化している粉末コーヒーのことです。

 

また、フィットライフコーヒーの目安量は、
食事時に1包(8.5g)とされています。

 

なお、フィットライフコーヒーは、
次のような内容の表示許可を取得しています。

 

⇒ 「食物繊維として難消化性デキストリンを含み、食事に含まれる
   糖の吸収をおだやかにするので、血糖値の気になりはじめた方に適する」

フェンネルとはどのようなものですか?

フェンネルというのは、
和名を「ウイキョウ」という、
ヨーロッパ原産のセリ科の多年草のことです。

 

スポンサーリンク

フェンネルの利用法は?

フェンネルの実は、
魚料理の香辛料としてよく用いられるほか、
ヨーロッパではお酒の香り付けとしても好まれます。

 

また、実から取った精油の主成分はアネトールで、
去痰薬や消化薬として使われます。

 

さらに、寄生虫のアニサキスを駆除する効果もあるとされています。

 

なお、漢方では、胃炎向けの処方に配合されます。

フィロキノンとはどのような成分ですか?

フィロキノンというのは、ビタミンKの成分の1つで、
カルシウムが骨に沈着するのを助けて骨を強くしたり、
けがをしたときに血液を固めて傷をふさぐ助けをします。

 

スポンサーリンク