キナノキ、キョウオウ、機能性食品、クラリセージ...

キナノキとはどのようなものですか?

キナノキというのは、
アカネ科の常緑高木で、薬用には木の皮を使用します。

 

このキナノキには、マラリアの薬になるキニーネ、
キニジンのほか、タンニン、キナ酸などが含まれています。

キナノキの作用は?

ドイツでは、食欲を増進し、
胃腸の不快感を軽くする医薬品として承認されています。

 

なお、日本では、明治時代に普及し、
万病に効くとして多くの薬に配合されていましたが、

 

アレルギーなどの副作用が問題となったことから、
1971年以降は市販薬への配合は禁止されています。

キョウオウとは?

キョウオウというのは、「春ウコン」の正式名です。

 

キョウオウは、秋ウコンと比較すると、
色素成分のクルクミンの含有量は少ないですが、

 

秋ウコンと同じように、
肝臓の機能を助け、アルコールの分解と胆汁の分泌を促します。

 

また、独特の精油成分を含んでいて、
殺菌作用のほか血圧やコレステロールを下げる作用もあるとされています。

 

スポンサーリンク

機能性食品とはどのような食品ですか?

機能性食品というのは、
健康機能を高めた食品のことをいいます。

 

この機能性食品という呼び名は、
1984年に現文部科学省の特定研究
「機能性食品の系統的解析と展開」で、

 

食品の第1の機能である栄養素、
第2の機能であるおいしさなどの嗜好性に続く、
第3の機能として

 

体調調節機能の研究が
本格的に始まったことで広まりました。

 

しかしながら、日本では、
「機能」というのは薬事法で規定される医薬品の範疇とされていたので、

 

食品の分類名に
「機能」という名称は使用できませんでした。

 

このため、機能性食品の研究成果をもとに
現厚生労働省が制度化した名称は
「特定保健用食品」と決められました。

 

ちなみに、厚生労働省が食品の分類名として
「機能」を認めたのは、
2000年新設の「保健機能食品制度」が初めてとなります。

クラリセージとは?

クラリセージというのは、
甘いナッツのような香りで、鎮静、鎮痙(ちんけい)作用を持ちます。

 

花と葉から抽出した製油が、
アロマテラピーに使用されているほか、

 

月経前症候群や月経痛、
生理不順を解消するマッサージオイルにも使われています。

 

スポンサーリンク