キャラウェイ、サフラワーの効用...

キャラウェイとはどのようなハーブですか?@

キャラウェイというのは、
和名を「ヒメウイキョウ」といいますが、

 

セリ科の二年草で、
育てやすく人気のあるハーブの1つです。

キャラウェイとはどのようなハーブですか?A

キャラウェイは、紀元前から
香辛料や薬用植物として重用されてきており、

 

キャラウェイの葉や種子を
料理の香り付けに使用するほか、種子は薬用にもなります。

キャラウェイの作用は?

香辛料としては、
特にドイツ料理でよく使用されていて、
ザワークラウト(キャベツの酢漬け)には不可欠なスパイスとなっています。

 

また、キャラウェイの種子には
健胃作用があるとされ、

 

精油※は、厳密な臨床試験で
過敏性腸症候群(IBS)の症状を和らげる効果が確認されているようです。

 

※ペパーミントの精油と混合物を腸で溶けるカプセルに入れたものです。

 

スポンサーリンク

サフラワーとはどのようなものですか?

サフラワーというのは、
日本では紅花(ベニバナ)として知られるキク科の一年草のことです。

 

また、夏に咲く紅黄色の花弁は、
薬用や染料、口紅の原料になるほか、ハーブティにも利用されます。

サフラワーの効用は?

サフラワーは、
色素やフラボノイド成分を含んでいることから、

 

抗酸化力を発揮して
全身の代謝を亢進する作用が強いです。

 

ちなみに、紅花の若芽を乾燥させた健康食品もあります。

サフラワー油とは?

サフラワー油は、
サフラワーの種子を搾って作るもので、
食用の植物油として利用されます。

 

なお、もともとはオメガ6の高度不飽和脂肪酸(PUFA)である
リノール酸の比率が高い油ですが、

 

品種改良により一価不飽和脂肪酸である
オレイン酸の比率を高めたものも開発、実用化されています。

 

スポンサーリンク