サメ軟骨、シスチン、キャッツクロー、G9・100(ジーナイン・ヒャク)...

サメ軟骨とはどのようなものですか?@

サメ軟骨というのは、
免疫力を高めるとともに、

 

ガン細胞が増殖のため
周りに血管を作るのを抑制することから、
一部のガンに有効であるといわれています。

サメ軟骨とはどのようなものですか?A

ちなみに、サメ軟骨を摂取すると、
ガンの転移などに関与する

 

マトリックス・メタロプロテアーゼ(MMP)を阻害する
活性が血清で高まることも報告されています。

 

なお、コンドロイチン硫酸も含んでいますので、
関節炎にもよいとみられています。

シスチンとは?

シスチンというのは、
体内で合成できる非必須アミノ酸で、
体内でグルコースに変わります。

 

また、シスチンは、システインが2個結合したアミノ酸で、
表皮、爪、髪の毛を作るケラチンの重要な成分でもあり、
手術や外傷の治癒を促進します。

 

なお、システインとの間で
酸化還元反応で相互に変換します。

 

スポンサーリンク

キャッツクローとはどのような植物ですか?

キャッツクローというのは、
アマゾン地域に自生するアカネ科のツル植物のことです。

 

このキャッツクロー(ネコの爪)という名称は、
葉の付け根部分にネコの爪のような形をした
太いトゲがあることから付けられました。

キャッツクローの作用は?

キャッツクローの樹皮に含まれているアルカロイド類に、
痛風やリウマチ、神経痛、片頭痛などを抑える抗炎症作用や、
免疫力を高める作用があるとされています。

 

ちなみに、アフリカ原産の
デビルズクロー(悪魔の爪)も同じような作用を持っています。

G9・100とはどのようなものですか?

G9・100(ジーナイン・ヒャク)というのは、
厚生労働大臣が食品の保健機能表示を許可する
トクホ(特定保健用食品)の商品名で、

 

具体的には、かねさが商品化した
大豆たんぱく質を含む清涼飲料水のことです。

 

G9・100の目安量は、1日1本(100g)とされています。

 

なお、G9・100は、
次のような内容の表示許可を取得しています。

 

⇒ 「分離大豆たんぱく質を原料にし、血清コレステロールを低下させる働きのある
   大豆たんぱく質を摂取しやすいように工夫されているので、コレステロールが高めの方
   の食生活に役立つ」

 

スポンサーリンク