にがり、ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチド...

にがりとはどのようなものですか?

にがりというのは、海水から塩化ナトリウムを塩として取った後にできる液体で、豆腐を作るための凝固剤のことです。

 

このにがりには、マグネシウムをはじめとするミネラルが豊富に含まれていることから、天然のミネラル源として使われるようになりました。

にがりの効用は?

にがりを薄めて飲んだり、
料理に加えたりすると、ダイエットや便秘解消効果が期待できます。

 

また、にがりを薄めた液体をローションとして肌に付けると、
保湿力がアップするほか、

 

生活習慣病の予防、ストレス対策、冷えやむくみ、
こむら返りの予防など、多くの効用があるとされています。

 

なお、いずれの作用も、
主成分であるマグネシウムによるところが大きいようです。

ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドとはどのようなものですか?

ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドというのは、
ビタミンの一種であるナイアシンが変換されてできる補酵素のことです。

 

スポンサーリンク

ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドの効用は?

ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドは、
全身のエネルギー代謝を活発にして元気を出す作用があり、
時差ボケで眠くなるのを防ぎます。

ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドのサプリメントは?

ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドは、
光や熱、湿気の影響によって変性しやすいですが、

 

米メヌコ社が開発した「ENADAlert」というNADHのサプリメントは、
NADHを安定化させる方法を開発し、特許を取っています。

ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドの摂取量は?

飛行機に乗ったときに、
着陸1時間前に10mgを飲めば、
到着後5時間は元気でいられるそうです。

 

スポンサーリンク