日清おいしさプラスサイリウム、乳酸菌利用食品、ノコギリヤシ...

日清おいしさプラスサイリウムとはどのようなものですか?@

日清おいしさプラスサイリウムというのは、
厚生労働大臣が食品の保健機能表示を許可する
トクホ(特定保健用食品)の商品名で、

 

具体的には、日清食品が商品化している天然の食物繊維が豊富な
サイリウム種皮を配合したもののことです。

日清おいしさプラスサイリウムとはどのようなものですか?A

なお、日清おいしさプラスサイリウムは、
次のような内容の表示許可を取得しています。

 

⇒ 「おなかの調子を整える食品。おいしく食べておなかすっきり」

日清おいしさプラスサイリウムの種類は?

日清おいしさプラスサイリウムには、次のようなものがあります。

 

■「日清おいしさプラスサイリウムヌードル」…即席麺
■「日清おいしさプラスサイリウムコーンフレーク」…朝食シリアル
■「日清おいしさプラスサイリウムドリンク」…粉末清涼飲料
■「日清おいしさプラスサイリウムファイバー・ゼリー」…清涼飲料水(ゼリー飲料)

 

なお、1日目安量は、
サイリウム種皮の配合量換算で4〜10g程度とされています。

 

スポンサーリンク

乳酸菌利用食品とはどのようなものですか?

乳酸菌(生菌)利用食品というのは、
(財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)が
安全性などの規格基準を設けている健康補助食品の1つで、

 

具体的には、乳酸桿菌、乳酸球菌、ビフィズス菌で
食品衛生上安全な菌を培養し、
必要に応じて集菌などの処理を行い、
食用に適するように加工した食品のことをいいます。

 

なお、乳酸菌(生菌)は、
1×10の8乗個/g以上の生菌数を含みます。

 

ただし、2種類以上の乳酸菌を利用したものは、
それぞれ1×10の7乗個/g以上です。

ノコギリヤシとは?

ノコギリヤシというのは、
北米に自生する低木のヤシの一種で、紫色の果実に薬効があります。

 

また、ノコギリヤシは、中高年男性に多い、
頻尿や残尿感といった前立腺肥大の初期症状を抑えます。

 

これは、ノコギリヤシに含まれる脂肪酸が、
前立腺肥大の原因となるジヒドロテストステロンの生成や
働きを抑えるからとされています。

 

なお、ノコギリヤシの1日の目安量は、抽出エキスで320rとされています。

 

スポンサーリンク