フコイダン、ブッチャーズブルーム、フラクトオリゴ糖...

フコイダンとはどのような成分ですか?

フコイダンというのは、コンブやワカメなどの
海藻類に含まれる食物繊維成分の1つです。

 

また、ガゴメコンブから抽出したフコイダンは、
肝細胞増殖因子(HGF)の分泌を高める作用を持っています。

フコイダンの効用は?

フコイダンには、構造が異なるF、G、Uの3種類があり、
Fは主に肝臓に効き、Uは抗ガン作用があるとされています。

 

また、モズクに含まれているフコイダンは、
胃のピロリ菌を減らす作用が確認されています。

 

さらに、ワカメは生殖器にあたるメカブの部分が
特にフコイダンを多く含んでいて、

 

コンブやモズクなどとともに、
フコイダンの原料として利用されています。

 

なお、フコイダンは、海藻をそのまま多量にとると
ヨウ素や鉄の過剰摂取が心配ですが、
これらを取り除いたサプリメントであれば心配はありません。

ブッチャーズブルームとはどのようなものですか?

ブッチャーズブルームというのは、
和名を「ナギイカダ」という、ユリ科の常緑木で、

 

春に葉状枝※の上に小さな花が咲き、
秋に赤い実がなります。

 

このブッチャーズブルームが薬用に用いられるのは、
根の部分です。

 

※枝が変化して、葉のように見えるものです。

 

スポンサーリンク

ブッチャーズブルームの効用は?

ブッチャーズブルームの根から取ったエキスに、
下肢静脈瘤など脚の血行不良(慢性静脈不全)によるむくみを

 

改善する効果があることが厳密な臨床試験で確認されており、
ドイツでは医薬品として認められています。

フラクトオリゴ糖とはどのようなものですか?

フラクトオリゴ糖というのは、
腸の善玉菌を増やしておなかの調子を整えるオリゴ糖の1つで、
チコリの根などに含まれる天然のオリゴ糖です。

 

なお、フラクトオリゴ糖は、
砂糖に酵素を作用させて工業的に生産されます。

フラクトオリゴ糖の効用は?

フラクトオリゴ糖は、
カルシウムやマグネシウムの体内吸収を促進する効果も確認されています。

 

また、これらの効果を得るための目安量は、
1日3gとされています。

 

ちなみに、フラクトオリゴ糖を配合したテーブルシュガーや
菓子類、豆腐、飲料などが

 

厚生労働省のトクホ(特定保健用食品)として認められています。

 

スポンサーリンク