ブラックコホシュ、フラバンジェノール、プランタゴオバタ、ペクチン...

ブラックコホシュとはどのようなものですか?@

ブラックコホシュというのは、
別名「ラケモサ」ともいう、

 

北米原産のキンポウゲ科サラシナショウマ属の
多年草のことをいいます。

ブラックコホシュとはどのようなものですか?A

このブラックコホシュは、
鎮痛や鎮静効果があることから、

 

北米の先住民たちが
民間療法に用いてきました。

ブラックコホシュの効用は?

ブラックコホシュは、
月経前症候群(PMS)や更年期障害の諸症状を和らげることから、
「女性の特効薬」として使用されます。

 

なお、即効性は期待できませんが、
1か月以上飲み続けると効果を実感することができるようです。

 

スポンサーリンク

フラバンジェノールとはどのようなものですか?

フラバンジェノールというのは、
松の樹皮から抽出した抽出した
ポリフェノール成分である松樹皮ポリフェノールの1つです。

 

フラバンジェノールは、
活性酸素を除去する抗酸化パワーが強力で、
血流を改善する効果が高いとされています。

フラバンジェノールの効用は?

フラバンジェノールは、
関節痛や月経不順、注意力障害を
改善する効果が報告されていてます。

 

また、冷え性やむくみの改善、
肝臓の機能向上・中性脂肪の低下、
美肌効果についても確認が進んでいます。

 

なお、フラバンジェノールの主な有効成分は、
プロアントシアニジンと呼ばれるカテキンの
オリゴマー(数個結合したもの)とされています。

 

スポンサーリンク

プランタゴオバタとはどのようなものですか?

プランタゴオバタというのは、
オオバコの一種です。

 

プランタゴオバタの種皮に含まれる
食物繊維である「サイリウム」は、

 

水を吸うと膨らむことから、
摂取すると満腹感が得られ、
ダイエット効果が期待できます。

 

また、腸のぜん動運動を促し、
便秘を解消する作用も持っているほか、
コレステロール値や血糖値の降下作用も確認されています。

 

ちなみに、プランタゴオバタをとるときには、
一緒にたくさん水を飲むとよいとされています。

ペクチンとは?

ペクチンというのは、
リンゴやミカンなどの果実や、
野菜などに含まれている水溶性の食物繊維のことで、

 

実際に植物の中にあるときは、
不溶性のプロトペクチンの形をとっていることが多いです。

 

なお、ペクチンには、
腸内細菌のバランスを整えてお通じを良くする効果や、
コレステロール値を下げる効果があります。

 

スポンサーリンク