プロバイオティクス、ラクトスクロース...

プロバイオティクスとはどのようなものですか?

プロバイオティクスというのは、
生きたまま腸に到達し、

 

腸内の環境を改善するなど健康に有用な機能を発揮する
微生物のことを指します。

プロバイオティクスの解釈について

必ずしも生きたまま腸に届かなくても、
上記ような機能を発揮する微生物は
プロバイオティクスと呼んでよいという解釈もあるようです。

 

また、腸だけでなく、胃や口腔内など他の場所で、
健康に寄与する微生物を広く、
プロバイオティクスと呼ぶようになってきています。

 

例えば、胃潰瘍の原因になるピロリ菌を抑える乳酸菌や、
虫歯や歯周病の原因菌を抑える乳酸菌も
開発、実用化が進んでいます。

プロバイオティクスの機能は?

プロバイオティクスについては、次のような機能が注目されています。

 

■ビフィズス菌など腸内の善玉菌を増やして便通・便性を改善する機能
■腸管の免疫細胞に働きかけて全身の免疫状態を高める機能
■アレルギーを抑制する機能...など

 

スポンサーリンク

ラクトスクロースとはどのようなものですか?

ラクトスクロースというのは、
腸内の善玉菌を増やしておなかの調子を整えるオリゴ糖の1つです。

 

このラクトスクロースは、
ショ糖と乳糖から作られるのですが、

 

厚生労働省が認めるトクホ(特定保健用食品)では、
乳果オリゴ糖と記載されています。

 

なお、テーブルシュガーや飲料、
デザートなど各種のトクホが商品化されています。

ラクトスクロースの摂取量は?

腸内のビフィズス菌を増やして
便性・便通を改善する効果を得るための目安量は、
1日2gとされています。

 

なお、ラクトスクロースには、
ミネラルの体内吸収を促進する作用も見いだされています。

 

スポンサーリンク