銅(Cu)の成分・効能・摂り方...

銅(Cu)にはどのような特徴がありますか?

銅には、次のような特徴があります。

 

■赤血球中のヘモグロビン合成過程における鉄の利用に必要である。

 

■銅が欠乏すると高コレステロール血症を生じることから、
 脂質代謝での役割が注目されている。

 

■微量元素の1つであり、糖代謝や脂質代謝に関与する。

銅の成分は?

銅は、必須微量元素の1つであり、
脂質代謝や糖代謝に関与しています。

 

また、銅は、赤血球中のヘモグロビン合成過程において、
鉄の利用を促進する働きを持っています。

銅にはどのような効能がありますか?

銅に期待されるのは、次のような効能です。

 

■高コレステロール血症の予防 
■関節炎の緩和
■鉄利用の促進による貧血の予防

銅の安全性は?

銅は、これまでに数多くの研究が行われていて、
その効果と安全性は確認されています。

 

なお、関節炎に対する効果を示唆するデータもあります。

 

スポンサーリンク

銅の摂り方は?

銅は、目安量に従って利用しますが、
一般に、銅単独のサプリメントではなく、

 

「マルチビタミン」などといった製品に、
組み合わせの成分として含まれている場合が多いです。

銅が不足するとどうなりますか?

銅は、様々な酵素とタンパク質の構成成分です。

 

赤血球中のヘモグロビン合成には鉄が必要になりますが、こ
の鉄が利用されるためには、

 

銅を構成成分とする
セルロプラスミンというタンパク質が作用する必要があります。

 

なので、銅が不足すると
ヘモグロビン合成が十分に行われず、
鉄欠乏性貧血の病態を生じます。

 

また、銅が欠乏すると高コレステロール血症を生じることから、
脂質代謝における働きが注目されています。

 

ただし、心疾患との相関は明らかではありません。

銅はどのような点に注意が必要ですか?

銅は、通常の食材に由来する成分なので、
特に問題となる健康被害や副作用は知られていません。

 

また、銅を含むサプリメントに関連した
健康被害も知られていません。

 

なので、銅を含んだ原材料を使用したサプリメントを、
目安量に従って利用する場合には、特に問題はないといえます。

 

スポンサーリンク